今月のおすすめ ピックアップブランド

日本三大祭の一つに数えられる祇園祭は、7月1日から31日まで1ヶ月にわたってさまざまな祭事が行われます。
貞観年間(859〜877)、都に疫病が流行した時、神泉苑に祇園社(八坂神社)の神輿を送り、その疫病を取り除くために始まったといわれています。

三條若狭屋 (和菓子)
明治26年、本家若狭屋より別家、三條堀川に本店を構える。四季それぞれの京都伝統の菓子を作りつづけています。「厄を除き福を招く」といういわれがある祗園祭りに伝わる名菓「祇園ちご餅」が代表名菓です。

亀屋良長 (和菓子)
四条醒ヶ井にて1803年に創業。二百年以上にわたり「懐が澄む」という家訓を守りながら、京の「文化」と「水」を大切に、精進し続けています。祇園祭時期には、祭りにちなんだ焼印を押したせんべいの「 京半月(祗園柄)」もご紹介します。こしあん・宇治抹茶あんの2種の味。
夏のおすすめ 勢ぞろい!

特集

  • もらってうれしいてみやげ
  • 地元で愛されるてみやげ
  • 午後のひとときに銘茶&茶菓
  • 京の風土が生む日本酒とあて
  • 箸がすすむごはんの友
  • おいしさが増す調味料
  • 京都の習わし、そして人と旬なもの

ブランドから選ぶ

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行